日本帰省記 06月07日(2) 神戸オフ

Pocket

どんどんやるからどんどん貯まって、夏休みの宿題にあえぐ子供みたいになってます。

さて、田尻くん田んぼ見学から続きますが、田尻くんと、見学者2名(僕と佳子さん)は、同じ東条に住んでいる平井さんの仕事帰りをお迎えに。
平井さんは、2005年4月に一括パックで来られた方で、再会するのは13年ぶり?

でも会ったらすぐ分かった!わー、ひさしぶりーって。

平井さんは地元で介護士として頑張っておられて、介護あるある系の人間的にいかながものか的な人、、は、地方なのか全然おらず、人間関係はとても良いそうです。

お迎えにいく間、田尻くんの車でそのあたりを走り、セルフのガソリン給油を見て(オーストラリアと違うから珍しい)、山手の方にいくと意外にも企業や工場が結構たくさんあって。期せずして日本の地方の見学ができて、僕にはとても意義深かったです。こういうビジュアル情報があとあともの考えるときに意味を持つ(でないと、漫画のようなデフォルメされたイメージでもの考えるから外す)。

平井さんのお住まいは高台にあって、山がよく見えて、まるでドライブにきたみたいな。

みなで一枚撮ったけど、これ時間がたって記憶が薄れたら、みんなでどっかにドライブ旅行にいったかのように見えるね、でもなんでこのメンツでどこに行ったんだろう?ってミステリになるかしらんねって。

平井さんは帰国して十数年、地元で平和に暮らしていたですけど、オーストラリア経験率100%の田尻車内で話しているうちに、だんだん火がついてきて、あー、やっぱいいわー、また行きたい。まだ30そこそこなんで、ワーホリは無理でも、留学とかあるし、介護(Care)で仕事あるかな、ビザ取れるかなとか(笑)。なんか休火山に火をつけて廻ってるような気がして、いいのか、俺?って感じで。でも、また、調べておきます。

六甲うねうね峠ドライブが楽しかったんですが、だんだん街に降りてきて、ハーバーランドの駐車場にとめたら、ちょうど仕事帰りの小田くんもいて、皆でちゃっちゃとJR神戸に向かったのでした。とはいっても皆日頃は車だから、JR神戸駅どういくんですかね?こっちじゃないんですか?とか、地元ちゃうんかい?

ひとりふたり増えて、全員揃ったのが集合時間の7時ちょっきりという、全員がゴルゴ13のような。

どこでいこうか?って話してて、地元の中の地元民(歩いていけるところに住んでる)渡邉さんカップルのご提案で、すぐ先の居酒屋さんで。

ほんと渡邉さんのいうとおりリーズナブルなお店で、生中とか酎ハイとか何杯飲んだか数え切れないくらいだけど、一人3000円で済んだ。その間も、皆でちゃっちゃと席を変えて、まんべんなく喋って、語って、よく喋るからまた喉が渇いてって。

まず手始めに真正面に座った安井くんがネガモード満載で「ふ」とかシニカルに自嘲気味にやってるから、ぶっ壊して。”安井構文”だにゃあって思ったのは、なにがどうしてどうなっても「だから私はダメなんです」という「結びの言葉」が同じであるという。だー、何を寝言をいっておるのだとパンパンと。聞けば、今の仕事は、時給は安いが、しかし本当に尊敬できて人間的に面白い上司の人がいる、しかも二人もいる、この人達といるのが楽しいっていうから、なんだ、いいじゃん、すげーじゃん。いいもんゲットしてるじゃん、胸張れよっつの。でも、安井君、だんだん笑ってきて、最後にはべろべろになって、相手してた小田くんが「な、なに喋ってるんだか、聞き取れないんですけど」とか困惑してて、ああ、いつもの安井くんだ。よかったよかった。

渡邉さんとパートナーの小国さんとは、ビザとか溶接の話とか硬い話から始まって、だんだん打ち解けて、サーフィンがどうとか、言いたいことが言えないのはクソだよねーとか、何をやってっても年1くらいで神が降臨するときがあるよね、いやーここ3年くらい波の神が降りてこないんですよか二人で痛飲して。

中川さんとは、いつパースにいくの?カミさんにダメ出しされてるんですよ、そんな英語力じゃって(笑)とか、職場の話とか、司法試験の話とか。

遅れて登場したカンジくんは、なにやらハッピーそうで。自己主張と陽性さが、ラウンド先のどんちゃん騒ぎで一層加速した彼、日本での棲息が危ぶまれていたのですが、いやかえってしばらくは腐ってたらしいんですが、イキのいいベンチャーに入って毎日が楽しいって。学歴もキャリアもなんも気にしないで、人としていい人であること、そして伸びしろがあればOKという自由ぶりで、彼、七回生で単位一つ残しちゃったんだけど、「そんなの仕事しながら通えばいいじゃん」って会社の方から言ってくれて。伸び盛りの会社で、来年は天下取るぞ、日本を変えるぞって感じでやってて、楽しそう。

普通自慢話っぽく聴こえるんだけど、そう聴こえないのが彼の人徳。てか、誰も聞いてないのに(あ、聞いたか)、振られてしまって、未練がましくしがみついてって話を自分から延々してくところが相変わらずだなー。

わーとかやってる間に終わっちゃいました。
店の前でみんなで集合写真。

撮ったーと思ったら、エレベーター一台遅れた中川さんがやってきて、撮り直し。いまいち流れについていけてない中川さんの温度差戸惑いがおもしろい。

その後JR新快速で一路京都に向かったのだが、長い!さんざんカパカパ飲んでたんで尿意がたまらず、あとちょっとの高槻で下車したのでした。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です