10月04日~19日 ダーウィンにてハウスシッター(お留守番)募集のお知らせ!

Pocket

現在パートナーさんとダーウィンでお住いのAPLaC卒(2013年渡豪)木暮香織さんからの広報です。まずは概要を。

★ハウス&ドッグシッター
犬好きな方で、不在中に朝晩の餌やり、1日30分程度の犬のお散歩、庭の水やりなどをしていただければ、お部屋を無料でお貸しします。

期間:10月04日(木)〜10月19日(金) 数日前倒しで来ていただいても大丈夫です。空港まで迎えに行きます。
場所:Millner, Darwin(Cityまでバス20分、最寄りバス停まで徒歩12分、駐車場あり、自転車貸出可)
部屋:Queenサイズベッドルーム、Wifi有り、カップル可

連絡先:tel : 0421039704 , 香織 Email : kaori.kogure@gmail.com

10月はまだドライシーズンですし、ラウンド中、とりあえずダーウィンに行ってみたいと思っている方にはちょうど良い機会ではないかと思います。
今ダーウィンのローカルの掲示板にも広告を出していますが、私たちも、不在中誰かに住んでもらっていた方が防犯上も安心ですし、APLACの現役のみなさんや卒業生でもし来てくださるなら、なおさら安心なので、よろしければ是非FBなどでお伝えいただけないでしょうか?

少し早めに来ていただければ、ダーウィン市内の案内などもできると思います。興味のある方は、詳しくはご連絡いただければと思います。どうぞ、宜しくお願いいたします。

**********************

以下、おー、おひさしー!!でメールでやりとりしてた中から抜粋して、木暮さんからの近況を。

2013年12月とその後の2014年10月の再渡豪でお世話になりました木暮香織です。だいぶご無沙汰しております。お元気でしょうか?
田村さんやAPLACの卒業生のみなさんの様子はFBやブログでいつも楽しく拝見させていただいてます。そのくせ、自分の近況報告はまったくしてなくてすみません。

あれから色々ありまして、再渡豪後、学生ビザで1年半ほどパースにしばらくいたのですが、2年前にNTに引っ越して、現在オーストラリア人のパートナーとダーウィンで暮らしています。オーストラリアに来た当初は、年齢的にも永住につながる事は難しいだろうと思っていましたがこんなに長居することになるなんて、人生不思議なものですね。
昨年、パートナーがこちらで家を買ったので、しばらくはダーウィンにいる事になりそうです。
引っ越してすぐに、ドッグシェルターから引き取って、犬も飼い始めました。

ダーウィンは他の都市に比べると、本当に田舎で日本人は本当に少なくて、ワーホリで来る人も本当にわずかです。引っ越して最初の3ヶ月は日本人には一度も会いませんでした。INPEXのガスプロジェクトの関係で来ている日本人の方たちもいますが、そろそろプロジェクトが終わりに近づいているので、だんだん減っていっているようです。
最初は年中暑いこの気候が好きではなかったのですが、今はすっかりここでの暮らしに慣れてしまって寿司屋の早朝のバイトが終わったら、午後はのんびりと好きな事をして過ごしています。
ワニが出るので海では泳げませんが、ビーチに犬と散歩しにいったり、週末はマーケットに出かけたりここでは本当にゆったりと時間が流れている感じです。
そして、小さな街なので、知ってる人には、かならずどこかで会ってしまうし、初めて会った人も、実は友達や知り合いの友達だったりする事が本当に多いです。

昨年の11月にパートナービザを申請して、まだブリッジング中なのですが、今年の10月に
パートナーを連れて2週間ほど家族と顔合わせのために、日本に一時帰国の予定です。
ただ、犬を置いていかなくてはならず、ペットシッターを頼まなくてはいけないのですが、
どなたかAPLACの方で私たちの不在中にハウス・ペットシッターをしてくださる人がいればと思ってご連絡しました。

(第二信~時期がかぶってる他のA卒の音信など)
内田くんは私のちょっと後に来て、SCEで一緒でした。彼もオーストラリアに永住コースですかね、頑張ってますね!時期がすこし被ってたのは、今は2児の母になっているりえちゃん(注:先日羽田空港で会った成澤梨衣ちゃん)と、ミョンちゃん、あと航平くん(同じく相模古民家に参加)あたりです。覚えていただいて嬉しいです。

APLAC卒業生で今でもたまに連絡をとっているのは、りえちゃんくらいですが、本当にみなさん色々な分野で活躍されていて、私もがんばらなきゃなぁと思っているところです。

昨年はFood businessのライセンスをとって、マーケットの屋台でお好み焼きを売ってました。
ところが、家を購入して引っ越したので、今の家のキッチンでライセンスを取りなおさなくてはならず、現在はお休み中です。
今の家のキッチンがキャンプ場のキッチンのようなシンプルな作りなのです。ライセンスを取り直すためには、リフォームが必要で、これからキッチンも含めて、家全体をどうやってリフォームしていくか、彼と相談しているところです。

ところで、うちのおすすめポイントは、ご近所さんがとてもフレンドリーで良い人達だということです。
家で採れた野菜をもってきてくれたり、多く作りすぎた料理を持ってきてくれたりと田舎ならではのご近所づきあいがあります。
特に1つ先のお隣さんのタイ人のテンは、ちょくちょく勝手にゲートを開けて侵入して、「これ食べてみてちょうだい」と何かを置いていきます(笑)
テンはオーストラリア人の男性と一緒に住んでいて、ゲイのカップルなのですが、その昔、日本人女性ともお付き合いしたことがあるらしく、日本語を少し知っていて、日本人が好きみたいです。雰囲気はおすぎとピーコのピーコみたいな感じ。

この間、トムヤムクンを作りたいと言ったら、必要なハーブや生姜などを庭からとってきて、材料全部揃えて大鍋に入れて、鍋ごと持ってきてくれました。そして30分ごとに、料理の進行をチェックしに来て(まだ料理を始めてないのに)
最後に「ちょっと目をつむって。日本人には想像できないような事をするから」というので
目を閉じたふりをしたら、ナンプラーを滝のようにドボドボドボ~!!!っと入れて「はい、最後の味付け完了」といって、去っていきました。そのトムヤムクンが本当に絶品で、やっぱり最後の味付けは本場の人がすると全然違うのだなぁと感心しました。

ここでの暮らしは本当にのんびりしていて、都会に慣れている人には物足りないかもしれないですが、いい意味で、少しおせっかいなご近所さんと、毎日楽しく過ごしています。

マイホームを購入したときに記念に彼と撮った写真

近所の公園で犬のウォーキング大会があった時の写真

近くのビーチで親戚一同とピクニックをした時の写真

ダーウィンの学校に通っていたときのクラスメイトとパブにいった時の写真 ご近所さんと、毎日楽しく過ごしています。

どなたかAPLACの方で来れる方がいると良いのですが。
お手数ですが、広報のほう、どうぞ宜しくお願いいたします。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です