高見さん、西尾さん歓迎@Bronte with 三谷&小平

Pocket

長いタイトルになってしまった。

遅ればせながらご報告を。
先日、ベトナムで頑張っている高見さん(同地日系企業で勤務でWH渡豪を計画中)が視察にオーストラリアに訪れるとのことで、APLaC網であれこれご紹介したわけですが、その際、三谷さんと小平さんとで一緒にランチをするというのとで、後の予定だった僕も一緒にいくことにし、さらにたまたま旅行中だった西尾さんも同席されることになり、オフみたいに所帯が大きくなっていきました。

西尾さんは数年前にオーストラリアにWHで渡豪、APLaC卒ですが、帰国後も犬山オフで柴山くんとかに会ってるはずです。バリトン美声の。

ともあれ、当日は、RedfernのAirbnbに泊まっていた西尾さんをピックアップしてBronteへ。車でいったので早く着きすぎてしまい、30分くらい綺麗な(本当に)海をみながら二人でお話してました。

帰国後3年ほどの経過をお聞きしてたのですが、これがまあ涙ぐましいというか、そうか、日本はそうなんだーと改めて思わされましたね。
西尾さん、もとはパナソニック、しかもシステム系で、キャリア的には十分なんだけど、全然生かされていない。というのは、もう都会はイヤだというので地元(岐阜県多治見市)に戻って仕事探しをしてたのですが、やっぱ地方は大変だよねーということで。
最初のところがどっかの会計事務所かなんかで、14時間くらい働かされて残業手当ゼロだわ、月手取り20万とかそんなもんだわ(詳しくはしらないけど、やってらんない系の)、それで温厚な西尾さんもリミットに達して。
えー14時間もやってそれかよって、それが今の日本(特に地方)なのかもしれないけど、でも、いま僕がせっせとやってるデリバリーの仕事なんか手取りで時給30つくし、14時間やったら(そんなシフトないけど)一日420ドル(4万)くらいになるぞ、そんなペースで週6でギンギンにやったら、いくらだ、月収百万前後になるじゃないか(そんなに働かないけど)。ガソリン代割り引くとしても結構いく。そんなに日本は割が悪いのかと愕然とする思いですね。

その後、どっかの倉庫でマックジョブ的にやり、これがマックジョブ的に楽しかったそうです。そうなんだよ、マックジョブ楽しいんだよ。今度のエッセイでも書こうかと思うけど。

そして、今回、ようやく海外のキャリアを活かせる職につけたそうです。デザイン系の大学で、学生さんの留学関係のお世話をするという仕事で、いやあウチとビジネス的につながりますね、今後ともよろしく(笑)。今、プーケットのリゾートホテルのインターンの話があるんですけど、興味ある人います?とか話してました。

とりあえず宿題としては、帰国したら岐阜つながりの柴ちゃん(先日の金華山オフも知らなかったそうな)に連絡取ること。そして、同じ中京圏に、デザイン出身で実際にもその領域で稼働していた稲垣さんがいるから生徒さんへのなんかの企画になるかもしれないから連絡取ること。早くしないと彼女また海外行っちゃいそうだし。

とかなんとか話してたら時間になって、待ち合わせのカフェに移動。小平さん登場。そして、三谷さん(with baby)と高見さんがボンダイからゆるゆると歩いてきて登場。

で、ランチ食べながら、それぞれに歓談といういつもの感じ。


三谷さんのお子さん、この日が初めてでしたけど、いやあお父さん似か、可愛いですねー。んでも、三谷さんの三谷さん的な淡々訥々とした感じは全然変わってなかったです。

ゴハン食べ終わってから、きれいな芝生とビーチの方に移動。

 

しばし歓談した後、小平さんは午後のシフトがあるからということで退去。
近くのRandwickの病院で働いているそうで、この日もナースの正装のまま登場。
なんでも駐車スペースが非常に激戦らしく、早くいかないと車を停めるスペースが見つからないとか。そうなんだな、駐車スペースなさすぎ。デリバリーやってて一日20回とかそれ以上停めたりしてると切実だわー。

三谷さんともお別れして、あとはVistorのお二人を車に乗せて、まずはベトナム人の街マリックビルを流して、それからもっとディープなのをお見せしましょうかってことで、Campsie→Belmore→Lakembaという感じで、ディープアジアからイスラム圏内へ。

その後、恒例のライカード(イタリア人の街)でジェラート食べながら、またお話を。
高見さんのベトナムの日系企業の感じ、そして地元ベトナム人社員の感じとか、面白かったです。新興国ならではというか、古い体質からいかに脱却するか(賄賂当たり前からいかにコンプライアンス重視にするか)とか、知的インフラの底上げとか(職務の達成水準とか)、なるほどそういう感じになるのかーとか。
また、まだまだ日本への憧れは強いとか(それって情報古いよねー)。

なんか写真がいかにもシリアスですけど、たまたまそういう顔をしていたときに撮っただけのことです。
後日お聞きしたところによると、翌日はお二人でブルーマウンテンなどにいかれたそうで、よかったですねー。

さて、高見さんは帰ってから渡豪資金集めなんだけど、ベトナムだと貯まらないという。そうなんだよね、新興国は勢いあるからビジネスはしやすいんだけど、絶対基準が低いから金を貯めるという意味では厳しいですね。そのあたりの話も今継続してます。

西尾さんも頑張って動き回って下さいねー。いろいろネットワークあるんで、聞いてくれたら紹介できる(場合もある)と思うので。

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です